タロットが伝えるメッセージをお伝えします。天恵樓で魂のメソッドを手に入れてください。岐阜県のタロットリーディング天恵樓
天恵樓 当たる タロット占い

「桃の節句」で運気を上げちゃおう!とタロットも言ってる。

今日も 天恵樓(てんけいろう)とタロットカード達のないしょ話を

見に来てくれて、ありがとう(⌒ー⌒)o:゚*'

今日は<桃の節句>

 

その起源は平安時代中期(約1000年前)にまでさかのぼるんだって。

その頃の人々は、三月の初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、無病息災を願う祓いの行事をしていました。陰陽師(おんみょうじ・占い師のこと)を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え、また人形(ひとがた)に自分の災厄を托して海や川に流すのです。(wikipedeiaより)

 

「流し雛」は聞いたことある人も多いと思うけど。

人形に(もしくは姉さん人形)自分の息を吹きかけて河に流す事で

厄払いをするんだね。

 

紙で作ったお雛様を魔を撥ね退けると言われる赤色の紙にのせて自分の息を三度「この身の災難を肩代りしてください」って浄化する風習は、今も各地に残ってるんだよね。

 

興味のある人は食事にも意味があるから

検索してみるのもいいかも。

 

タロット達からのお勧め「厄払い法」は

<こんなことは起きないで欲しい>と思う事を

9個まで書いて人型と一緒に流して欲しい。

最近では、無闇に河に流す事は出来ないから

水に溶ける性質のある紙に書こう!

 

そんでもってトイレに流す。

「自分の不快な思い」でもOK。

■あの人のこんなとこが嫌い!でもいいんだよ。

普段口に出さない不平や不満を流しちゃってちょうだいね。

 

 

参考にしてくれると  とっても嬉しいな(*^_^*)

 

*********今日も読んでくれて、ありがとう♪*********

 

天恵樓(てんけいろう)はタロットカード達からのメッセージを

通訳させて頂いてます。

 

あなたも対面鑑定でタロット達から「明日に希望を持つ事ができる<好転スイッチ>」をONにする方法を手に入れましょ。

 

誰にも相談できないこと。人生選択肢に途惑っりした時は思い出して貰えると嬉しい。

天恵樓(てんけいろう)のカード達は、あなたに寄り添い、力に成ると約束します。

 

あなたの重荷を取り除く最後の砦がここにあります。

 

完全個室での対面鑑定は

誰にも聞かれる心配が無いから安心だよ。

 

【岐阜に棲む タロットカード通訳士 天恵樓】