タロットが伝えるメッセージをお伝えします。天恵樓で魂のメソッドを手に入れてください。岐阜県のタロットリーディング天恵樓
天恵樓 当たる タロット占い

タロット占いとは

「大アルカナ」と聞いて何を連想しますか?

おそらく、タロットカードを手にした時、一番初めに出会う単語ですね。 

「生命の木」と答えた人はどのように位置づけされているか画像が浮ぶでしょう。ヘブライ文字で表される<22>は生命の木の枝の数だと覚えると連想しやすいですね。「アルカナ」とは<引き出し>または<隠されたもの>というラテン語の複数を意味する言葉。引き出しに隠されたものが「あるかな?」「ないかな?」と覚えやすいでしょう。「アルカナ」については、タロット占いの手引書にもれなく記載されているので、これ以上の細かい説明は省きましょう。

タロットカードをはじめてみたい方へ

大アルカナだけを使用して占う方法は、早急に現状を把握したい時にとても有効的な手段になります。

たとえば、

今日は○○したいけど何に注意すればいいか。


そんな時に役に立ちます。


最初のレッスンとして、

「今日と言う日を難なく逃れる為に」と1枚ひいてみれば楽しみながらできるでしょう。

タロット占いの方法

タロット占いには、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだけを使う方法と、小アルカナと呼ばれる56枚のカードも合わせて計78枚で占う方法があります。

少々特殊ではありますが、小アルカナのみを使う占いもあるんですよ。

手順

  1. まず、カードを裏向(絵柄ではない方)を机の上に置きます。
  2. 占いたいこと、知りたいことを心の中で問いかけます。
  3. シャッフル(時計周りで∞を描く感じで混ぜ合わせる)します。
  4. ひとつにまとめてからカット(トランプを切るように)します。
  5. カードの中から数枚を引いて机の上に並べます。

※カードの並べ方には様々なものがあり、カードの並べ方のことをスプレッドと呼びます。

リーディングを始めます

ここから占い結果を読み取ります(リーディング)。

それぞれのカードには意味があり、カードの絵柄がそれを表しています。 


カードの名称から辞書的に意味を調べるだけでなく、

カードに描かれている光景を基に意味を感じ取ることがとっても重要です。

 

カードの意味は正位置(上下の向きが正しい状態)と、

逆位置(上下逆さまの状態)で意味が変わってきます。

 

正位置はカードの本来の意味を表し、逆位置は別の捉え方をしたもの。

原則として、正位置の意味はカードの善・陽の部分(例:戦車 前進)、逆位置の意味は悪・陰の部分(例:戦車 暴走)として解釈がなされますね。


※近年新たな解釈で創作されたカードには、位置の正逆を採らない物もあります。

占い師も多く存在し、カードの意味は占い師によって解釈が大きく異なる場合があるので、

自分に有った占い師<タロットリーダー>と出会う事も重要ですね。


タロット占いは、その特性上「明日の運勢は?」などのような

抽象的なテーマを占うのには向いて居いません。


占う内容はより具体的に絞り込むこと。

恋愛相談や進路相談などに適していて、根強い人気があることは、既に皆さん御承知でしょう。


大アルカナを使用し任意の1枚を抜き出し(ワンオラクルと呼ぶ)、

おみくじ的に単純な吉凶を占う方法は広く行われる手法の一つです。

■特筆として

元になる意味は軸となります。

発展する現代に合わせて、タロットカードの意味は多種多様に進歩しています。

読み手も様々な知識を学び、体験しなくてはなりません。

体験を伴ったアドバイスには説得力があります。

そこには限界がありますが、想像力で補うことも可能ですよね。

相談者への具体的なアドバイスを読み説きお伝えすることが最優先事項なのですから。

 

これからタロットリーダーを目指す方には<多くを体現して頂きたい>と願います。

スプレッドについて

スプレッドとは、英語で「広げる」または「延ばす」という意味の動詞で、タロット占いでは、シャッフルしたカードの広げ方を意味しています。

スプレッドには下記のようなものが存在しますが、これ以外にも無数に存在します。

同じ形のスブレットでも呼び名が違う場合もあります。

名称 解説
フォーチュン・オラクル法 V字型に7枚、その中央に3枚。
セブン・テーリング法 7枚の予言。対人関係に向く。
ケルト十字法 悪魔の10カード、大十字架占いともいう。
ホロスコープ法 黄道十二宮のように12のジャンルに分けカードを配列。
ヘキサグラム法 六芒星(ヘキサグラム)のようにカードを配列。
変形ヘキサグラム法 ヘキサグラム法を12枚に増やし、過去からの流れを明確にした展開法。
大三角の秘宝法 3枚のカードを3角に配置、キーカードも1枚配置
二者択一展開法 V字型に5枚配置
ファランクス法 16枚のカードを4×4で配置(小アルカナの人物カードのみを使用)
大ピラミッド法 最下段12枚、上に行くに従い11、10...最後は1枚と配置。
グレゴリウス法 10枚を3段(月の日数による)、さらにその右横に1枚ずつ、さらにその右横に1枚ずつ配置
陰陽法 2枚のカードを縦に配置
電話番号058-297-2892 メールでのお問合せはこちらから